会社概要|長陵醸造元 高橋酒造

会社概要

社名

高橋酒造株式会社

代表責任者

鎌田 秀希

所在地

〒940-0031 新潟県長岡市地蔵1-8-2

連絡先

TEL : 0258-32-0181
FAX : 0258-35-7101
E-mail : echigo-choryo2@echigo-choryo.co.jp

蔵について


蔵の脇を流れる一級河川の栖吉川(すよしがわ)の伏流水と、蔵周辺の穀倉地帯からの米を利用しての酒造りが始まりと言われております。

大正11年。新たに建設された醸造蔵と六角形の煙突は、総赤煉瓦で造られました。

その後、長岡空襲(昭和20年)、新潟地震(昭和39)、そして、新潟県中越地震(平成16)では、外壁の亀裂や一部崩落など大きな被害はありながらも、立派に耐え抜き、 平成19年1月に国の『登録有形文化財』に登録して頂きました。

現在では『長陵のシンボル』、そして『地域のシンボル』として地元の皆さまに愛されております。

また、高橋酒造の酒造りにつきましては、地元産の高品質の米、豊富で良質な仕込み水、雪深い越後の冬の気候を生かし、地元の越後杜氏を中心に蔵人たちが魂を込めて手作りしております。

新潟清酒の特徴である「淡麗辛口」にこだわらず、辛すぎず、ふくよかで、「やさしい味」が高橋酒造の酒です。

「自分の手で作り出す」という譲ることのできない信念を持ちながら、先人たちが伝え、教えてくれた酒造りの「技・心」を軸とし、若い蔵人たちが酒造りを行っております。

「自分たちで造れる酒はたったひとつしかない。」
「俺たちにしか造れない酒を造れれば、それでいい。」
独り我が道を往くという、「独往」の精神でこれからも酒を醸してまいります。